公益財団法人 長田ふるさと財団

財団紹介

設立の趣旨

  長田庄一氏写真-3

寄付者のふるさと山梨を思う郷土愛の意思を承継し、
福祉、教育、文化及び国際交流活動の促進等様々な民間活動
へ助成や「県民の看護師さん」表彰を通して、山梨県民が
心身ともに健康で幸せが実感できるふるさとづくりに寄与
することを目的として、次の事業を行っています。

①障害者及び高齢者のスポーツ、文化活動の振興に関する事業

②国際文化交流及び海外派遣の促進に関する事業

③生涯学習及び地域文化の振興に関する事業

④看護の促進に関する事業

⑤その他この法人の目的を達成するために必要な事業

財団のあゆみ

八ヶ岳の麓、北杜市高根町出身、故長田庄一氏(元東京相和銀行 取締役会長)、長田高明氏((株)東京カンテイ 代表取締役会長)兄弟により、故郷山梨への恩返しがしたいという強い思いからいただいた寄付金をもとに、昭和63年1月「ふるさと財団」が設立されました。 設立以来、ふるさと山梨の福祉増進、教育・文化の向上、国際交流の促進等様々な分野に助成を行うとともに、平成元年から3年の間、地域のふれあいの場一坪図書館を拡大した「ふれあい文庫」整備、平成5年からは献身的な看護師に報いるため「県民の看護師さん」表彰を行っています。
また、設立以降も長田庄一氏の関係会社から寄付を受けました。

 昭和62年12月
財団設立のため山梨県へ寄付
 昭和63年 1月
寄付金を基に財団法人ふるさと財団設立 助成事業開始
 昭和63年 8月
海外在住者山梨県里帰り事業への寄付受納
 昭和63年11月
海外在住者山梨県里帰り事業実施
 平成 元年10月
ふれあい文庫設置事業への寄付受納
 平成元年~3年
ふれあい文庫設置事業実施(19館設置)
 平成 元年12月
事業援助への寄付受納
 平成 5年 3月
「県民の看護師さん」表彰事業への寄付受納
 平成 5年
「県民の看護師さん」表彰事業開始
 平成 8年 5月
事業援助への寄付受納
 平成10年 5月
財団設立10周年記念事業開催
事業援助への寄付受納
 平成21年 9月
財団設立20周年記念事業開催
 平成23年 4月
公益財団法人へ移行

(寄付総額 5億9,361万円)

所在地

山梨県甲府市丸の内一丁目6-1
(山梨県県民生活部県民生活・男女参画課内)

電話番号 055-223-1351
FAX番号 055-223-1320

Copyright(c) 2015 Osada Furusato All Rights Reserved.